選択肢が一番多い

今の日本の風俗業界の業種というのは、コンセプトも含めればかなりの数の業種が存在してくるのです。
それだけ数が多いということは、同時に風俗店で勤める女性の数も多くなっているということがわかります。
風俗店で働くことの最大のメリットは、やはり何といっても高収入になってきます。
どの女性もどうせ風俗のお仕事をするのなら、やはり稼げるのが一番いいのです。
でも、もちろんあんまり濃厚な内容が合わない女性も多いですので、もし女性にどんな風俗のお仕事がオススメかとと聞かれれば、もちろん女性のキャラにもよりますがバリエーションの多さから「ヘルス系」が一番ではないかと感じます。
そうしたヘルス系サービスのお仕事をする場合も、どう働くかで稼ぎが全然変わってきてしまうのです。
風俗のお仕事というのは、儲かるレベルで3つに分類することができます。
一番レベルの高いところからいいますと、一日に60000円以上の収入がある、主にソープランドなどの仕事になってきます。

次に、一日に30000円~60000円の収入がある、主にファッションヘルスやデリヘル、ホテヘルになります。
最後が、一日に20000円~35000円程度の収入がある、オナクラやセクキャバ、風俗エステといったように3つに分類がされてきます。
特に、女性側にしっかりとした覚悟がないと、ソープランドのようなお仕事はサービス内容が濃厚なだけに続けるのは難しいといえるでしょう。
また、最後のソフトサービス系な場合には、お店が採用する際にルックスの良い女性を選ぶ傾向が強いですので、お店選びがしにくいかもしれません。
運良く入店できても、稼ぎの面では「ヘルス系」よりも低くなる可能性もあります。

そこで「ヘルス系」のような、特に店舗を持たないデリヘルが風俗店舗のおよそ3分の2だといわれています。
つまり、デリヘルを除外すればそれだけでお店選びの対象が3分の1にまで減ってしまうということなのです。
では、「ヘルス系」で普通にお仕事するとどのくらい稼げるのでしょうか。
まず、1時間お仕事をしたときのバックがいくらかというのはお店にもよりますが、大体は9000~11000円くらいになります。
そして、一日の出勤時間も女性によりますが大体が8~10時間くらいで、お客様が入っていないで待機をしているときや移動の時間は稼げませんから、頑張って6万円くらいが普通にやれば最高額ということになってきます。

もちろんナンバーワンほどの売れっ子な女性ですと、一日貸し切りや出勤したら予約で全て埋まるというケースもありますので、そういう女性の場合には一日10万円以上稼ぐのは難しくもありません。
とはいえ、やはり普通の女性だとその金額まではなかなか難しいといえます。



〈注目情報〉
高収入を得られる求人を募集している大阪の風俗店のサイトです ⇒ ⇒ 大阪 風俗店 求人